院長診察日記

院長主催セミナー
終了したセミナー

学会日記
インプラント国際学会に参加しました。

当院の院長と副院長が6月17日に東京国際フォーラムにて インプラントの国際学会の1つである

『 I T I Congress Japan 2018』 に参加してきました。

今年は「伝統と革新」というメインテーマで2日間の日程で開催されました。

(主催者発表では1,570名が来場者があり盛況でした。)

当院でも伝統と革新のバランスを取りながら、より魅力的な医療機関を目指すべく、今後も努力してまいります。

学会日記
インプラント内視鏡下手術(公開オペ)

 

経験や勘が頼りとされた口腔内の手術が、モニター画面で細部まで確認しながら施すことが可能となり、短時間で確実に人工歯根を埋め込めるため、患者の負担軽減にもつながる療法です。

この手術法導入は、北陸では当院が初であり、口腔外科専門医である院長はすでに50人に対して行い良好な結果を上げています。

当院では公開オペも行っております。

口腔外科手術は毎週火曜日に行っていますので見学をされたい方は事前にお申し込み下さい。

学会日記
日本顎咬合学会総会にて座長を務めました。

日本顎咬合学会総会にて室木院長が座長を務めました。

輝け日本の歯科臨床!! ~臨床力の向上による歯科界の活性化~というメインテーマのもと多くの来場者が参加し、盛大に行われました。

~6月10日、東京国際フォーラムにて~

ICI
審美インプラントのトップランナー現る。

東京から審美インプラント治療のトップランナーの林 揚春先生をお招きし、ご講演頂きました。

(林先生はタイトル写真の前列中央に座ってらっしゃる方です。)

国際学会で林先生のルートメンブレンテクニックを拝聴し、今後の審美治療にはかかせないオプションになると確信した院長が直接オファーし、快諾を頂けたことで、今回の特別講演会開催が実現しました。

参加者は真剣そのもの!!若手からベテランドクターに至るまで食い入るようにセミナーを拝聴しました。

参加者(約40名)からの多くの質問に対しても、丁寧に解かりやすく、ご回答頂き、誠にありがとうございました。

これからも石川臨床インプラント学術研究会※を通じて、知識や技量の向上に真摯に取り組むインプラント専門医の育成を図り、石川県のインプラント専門医のレベルアップを図っていきたいと考えております。

※石川臨床インプラント学術研究会の会長を当院の院長が務めています。

 

院長から開催挨拶の場面

↓ ↓ ↓

プレスリリース
乳酸菌で花粉症改善(北國新聞 H27.6.3)

七尾の室木歯科

バクテリアセラピー導入

室木歯科口腔外科医院は、乳酸菌を摂取して免疫力を高め、病気になりにくい体をつくるバクテリアセラピーと呼ばれる予防医学を導入した。能登では初の取り組みで、臨床研究で花粉症の症状改善、便通の正常化などが確認された。室木俊美院長は、研究内容を今月28日の市民健康講座(北國新聞社など後援)や11月の国際インプラント学会(東京)で発表する。

プレスリリース
今、求められるインプラント治療(アクタス H26.4月号)

歯科医療の信頼回復へ

専門医の資格取得を

近年、インプラント治療は失われた口腔機能を回復する治療法として急速に普及しています。しかし、その一方で、さまざまな課題、負の側面も見えてきました。

インプラント治療は、総合的なスキルが求められる歯科治療です。患者さんの全身管理も含めたものでなくてはならず、高度な専門知識と技術を習得したうえで施さなければならないのは言うまでもありません。

インプラント治療は、あくまでも歯科治療のオプションの1つです。歯を失った場合の選択肢は大きく分けて3つあります。1つ目は入歯・義歯、2つ目は隣接する健康な歯を削って人工の歯をはさむブリッジ、3つ目がインプラントです。

 

患者に選んでもらう

治療に当たる医師は患者さんの立場になって、患者さんに最もふさわしい選択肢は何かを考えなければなりません。それぞれの治療のメリット・デメリットを十分に説明し、最終的に患者さんに選んでもらう。初めからインプラントありきで、歯科医師が誘導するなど、もってのほかです。

日本口腔インプラント学会の専門医・代議員でもある室木会長は、自らが若手医師の育成、指導に取り組んでいます、県内外での実習付きセミナーで講師を務め、室木口腔外科医院でも公開手術を実施し、自らの手技を若手医師らに伝授しています。

患者さんの生活の質を高める優れた治療法であるインプラントをさらに普及させ、歯科医療の信頼を回復するために、より多くの専門医を育てる必要があります。特に石川県は全国的に見て専門医が少なく、その養成に力を注ぐ使命があると認識しています。石川県口腔インプラント研究会を、若手医師がプロ中のプロを目指すうえでの登竜門的な存在にしたいと思っています。

患者さん側も信頼できる医師を選ばなければなりません。専門医をはじめ、日本口腔インプラント学会や県口腔インプラント研究会に所属し、知識や技量の向上に真摯に取り組んでいる医師をお勧めします。

プレスリリース
第2回北陸口腔インプラント治療懇話会症例検討会(アクタス H26.1月号)

治療技術と安全性の向上へ

多様な症例報告、意見交換

「北陸口腔インプラント懇話会」の第2回症例検討会(北國新聞社後援)が11月17日、金沢市のしいのき迎賓館で開かれました。北陸3県でインプラント治療にあたる歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士が、治療技術と安全性の向上に向けて意見交換しました。

洞粘膜の破損防ぐ治療法を紹介(室木代表)

室木代表は、独自に開発した器具を使い、上あごにインプラントを埋め込む治療法について解説しました。

上あご奥歯の上には上顎洞と呼ばれる空洞があるため骨が薄くて脆く、インプラントが貫通する場合もあります。最近は、空洞内側の骨の粘膜(厚さ0.5ミリ)を剥がし、骨と粘膜の隙間に人工骨を移植してインプラントを埋め込めるだけの厚みを作る「サイナスリフト」という治療法が普及し始めています。しかし、この方法は粘膜を剥がす際に破れてしまい、人工骨を移植できないケースも少なくありません。

室木代表は、独自に開発した粘膜が破損しにくい器具「TM Sinus Lift Kit」と内視鏡を使い、安全で確実に「サイナスリフト」を実践している症例を報告し、出席者の関心を集めました。

プレスリリース
歯の病気 光で治療(北國新聞 H25.7.2)

痛み、副作用なく好評 ~七尾・室木医院 能登地区で初導入~

七尾市中島町浜田の室木歯科口腔外科医院は13日までに、歯周病や歯肉炎などの患部に特殊な光を照射して治す最新の「LAD(光殺菌)治療」を開始した。痛みや抗生物質による副作用がなく、患者から好評を得ており、安全・安心な治療法として普及に努めたい考え。

日本口腔外科学会専門医の室木俊美院長によると、LAD治療の導入は能登地区では初めて。液体の特殊な薬剤(メチレンブルー)を化膿した部位に流し込み、「Fotosan630」というLED(発光ダイオード)機器で光を照射する。光に反応した薬剤が活性酸素を放出し、歯周病などの原因になる菌を死滅させる。

光線力学療法とも呼ばれ、医学領域では1990年代から肺がんや食道がんなど早期がんの治療に使用されているが、歯科では使われていなかった。県内での導入例は少ないという。

室木院長は事前に細菌検査を実施して菌の死滅や増殖抑制を確認し、機器の効果を確かめた。さらに、これまで30人以上の患者の協力を得てLAD治療の実効性も検証。ほぼ全員の症状が改善し、感染症の原因となる細菌が消滅したことも分かった。

 

国際学会で発表

歯の神経に細菌がついて化膿する「感染根管」の治療やインプラント表面に付着した菌を取り除く効果も見込まれており、7月に東京で開かれる国際インプラント学会で成果の一部を発表する。

室木院長は「抗生物質に代表される薬物治療ではないため、光治療はアレルギーを起こさない大きなメリットもある。今後も患者にやさしい治療を確立したい」と話した。

プレスリリース
平成25年度石川県口腔インプラント研究会 総会・特別講演会(アクタス H25.5月号)

歯科用レーザーの応用など

インプラント治療の最先端を学ぶ

石川県口腔インプラント研究会の平成25年度総会と特別講演会が4月7日、金沢市の地場産業振興センターで開かれ、県内でのインプラント治療の安全・安心を高めるため、専門医の増加に向けた今後の取り組みが確認された。

信頼構築に一層の努力を

研究会は、インプラント治療の学識及び技術の研鑽を目的に2004年に設立され、現在、石川県内外の歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士ら約110人が会員となっている。
成之坊昌功学術部委員による開会の辞で始まった総会では、室木俊美会長が「学会や研究会に所属していない医師によるインプラント治療のトラブルを取り上げ、バッシングと呼べる報道が一部にあった。この逆風を追い風にできるよう、会員は研究会活動を通して基礎をしっかり身につけるとともに、先進的な症例にも挑戦し、信頼されるインプラント治療を実現してほしい」とあいさつした。
13年度事業計画案などの採択後、朝日大学歯科部非常勤講師で日本レーザー歯学会理事も務める山本敦彦・藤沢台山本歯科理事長が、エルビウムレーザー(ErL)を使ったインプラントの骨再生機能の回復法について特別講演を行った。
午後からは江守道子・江守歯科医院院長が「歯科用レーザー&レーザー治療」をテーマに講演し、会員らは歯科用レーザーの特性と臨床応用の実例を学んだ。

 

特別講演「ErLを用いた先進歯科臨床」

藤沢台山本歯科理事長
理学博士
山本敦彦氏

 

炎症治療や予防に効果

歯科用レーザーには、Co2レーザー、エルビウムレーザー(ErL)など、波長が異なるさまざまな種類がある。その中で、インプラント埋入後に発症するインプラント周囲炎の治療と予防にErLが有用だ。
インプラントは骨結合に優れたチタンで製造されており、その表面は製造直後から自然と酸化していく。メーカーによっては、骨との強固な結合を促進するため、ミクロサイズの無数の穴を有する酸化チタン層をあえて表面に設けている場合もあるが、術中、術後のコントロールが悪いと、酸化チタンが逆に細菌の温床となり、炎症の原因となる。
ErLは、インプラント表面の酸化チタンを薄く剥ぐのに大変適している。患部のフラップ(歯肉剥離)後、露出したインプラントにErLを当てて、チタンのフレッシュさを取り戻す。インプラント埋入前に、ErLを照射して酸化チタンを事前に除去しておくことも、インプラント周囲炎の予防に効果的だ。